本文

三協化学株式会社は有機工業薬品、溶剤、工業用洗浄剤、
シンナー、塗料やインキ・接着剤等の各種中間原料の総合メーカーです。

本社TEL.052-931-3111

東京TEL.03-5289-4777



油について

加工油とは

 基油(鉱物油や合成油)を精製・混合し、添加剤などを加えることによって用途別に加工された油のことを言います。切削加工油、プレス加工油、熱処理油、防錆油など、様々な用途に合わせた加工油があります。加工油はそれぞれ、摩擦を防ぎ潤滑性を持たせることができたり、熱を冷ますことができたり、サビを防ぐことができるのです。

※添加剤

 …加工油にするための添加剤には次のようなものがあります。
  ・界面活性剤
  ・錆止め剤
  ・カップリング剤
  ・防腐剤
  ・非鉄金属防食材
  ・極圧添加剤
  ・消泡剤
  ・キレート剤
  ・着色剤
  ・香料          など



油性加工油と水溶性加工油

 加工油には油性加工油と水溶性加工油があります。それぞれにメリット、デメリットがある為、それについても記載します。

油性加工油

 ●鉱物油や合成油を混合したり、添加剤を加えたもの
 <メリット>
  ・加工による錆がでにくい
  ・摩擦が少ない為、加工がしやすい   など
 <デメリット>
  ・洗浄に溶剤を使用する為コストがかかる
  ・発煙、火災の虞がある        など

油性加工油のSP値は7程度の為、洗浄の際は同程度のSP値を持つ炭化水素系洗浄剤が適している(⇒メタルクリーナー


水溶性加工油

 ●基油と水を特殊な方法で混ぜ、添加剤を加えたもの
 <メリット>
  ・水と混合している為、燃えない
  ・加工油の洗浄が水で行える。     など
 <デメリット>
  ・水が入っている為、乾きが遅い
  ・金属加工に使用する際は、錆の原因になりうる    など

 水溶性加工油の中で代表的なのが「水溶性切削油」です。水溶性切削油には大きく分けて3つのタイプがあります。
 ◎エマルジョン型…水に溶けない成分(鉱物油など)と界面活性剤から成り、水に加えると外観が乳白色化するもの。
 ◎ソリューブル型…界面活性剤を主成分とし、水に加えると外観が半透明ないし透明になるもの。
 ◎ケミカルソリューション型…水に溶ける成分(有機アミンなど)からなり、水に加えると外観が透明になるもの。



油性加工油と水溶性加工油の洗浄

油性加工油の洗浄

 炭化水素系洗浄剤、塩素系洗浄剤、臭素系洗浄剤、フッ素系洗浄剤により洗浄することがほとんど


水溶性加工油の洗浄

 水やお湯で洗浄することがほとんど。石油水置換剤で水を置換して、炭化水素系洗浄剤で洗浄することもある。





バナースペース

三協化学株式会社

>>本社
〒461-0011
愛知県名古屋市東区
白壁四丁目68番地

TEL 052-931-3111
FAX 052-931-0976


>>東京事業所
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-10-1
丸石ビル別館5F

TEL 03-5289-4777
FAX 03-5289-9088


  

*サイトマップ*


製品情報
工業薬品類
■炭化水素類
■アルコール類
■ケトン類
■エステル系溶剤
■エーテル系溶剤
■グリコール系溶剤
■グリコールエステル系溶剤
■グリコールエーテル系溶剤
■グライム系溶剤
■ハロゲン系溶剤
■特殊溶剤